ご挨拶と活動に関するご報告🎍

あけましておめでとうございます。

 

旧年中皆様方からは沢山の愛のこもったご声援を賜りまして誠にありがとうございました。

 

今年も私らしく、幅に捕らわれず自身の可能性を自身で広げていく活動を行っていく所存でございます。何卒変わらぬご声援を宜しくお願い致します!!

 
 

 
 

上京して2年目。表現者活動は6年目を迎えていた昨年は一昨年と比べ少し落ち着いた一年でした。

 

幼少期よりあまり身体が強くなく、体調管理が24歳のいまでも一番の課題として残る情けない状況ですが、

 

周りの先輩や友人、家族に助けてもらいながら、怒涛の本番期間中でも崩れることなく遂げられるよう過ごすことができました。

 
 

 
 

対して、精神面ではすごく辛く重い時間もありました。

 
 

10月に出演したデザインフェスタの本番前日、大好きなおじいちゃんが実家のベッドでおばあちゃんに看取られ亡くなりました。

 
 

天真爛漫に豪快でひとを愛し、ひとから愛され天寿を全うしたおじいちゃんらしい人生だったので、寂しくはあるけど悲しくはない最後だなあって電話を貰った時は思いました。

 
 

それでも、本番を終えた翌日の朝、秋晴れの仙台にて、身体にお花を添え、係の方から最後の挨拶をと促されて目を合わせた、 いつもふにゃふにゃに笑ってくれるはずの柔らかさのなくなったおじいちゃんに、声をころせないほど泣きました。

 
 

 
 
 

共働きの両親に代わって、幼稚園から大学まで、祖父母が送迎し、家で帰りを待ち、毎日一緒にばんごはんを食べてきました。

 
 

つい数年前まで、祖父母が寝る離れに窓から大きな声で呼びかけ、嬉しそうに顔を出すおじいちゃんに「おやすみー!!」と叫ぶのが日課でした。

 

思春期のイラつきをついぶつけちゃったときは、その時に気恥ずかしそうに謝っていました。

 
 

だれより、私の役者活動のお話をあのふにゃふにゃした笑顔で楽しそうにまっすぐに聞いてくれるひとでした。

 
 

 

ほんとうに、私の人生にずっと一緒にいてくれたひとです。

 

自身のおじいちゃんに似てるなあってとこいっぱいあります。

 
 

写真を撮るのが大好きだったおじいちゃん。離れの床が傾いちゃうほど、実家はおじいちゃんが撮った家族写真のアルバムがいっぱいあります。

 
 

昔おじいちゃんがくれた一眼レフカメラ。ポートレート撮影の依頼もそれを使ってきました。

 
 

遺品として、おじいちゃんがつい最近まで使っていた新しいカメラを継ぎました。

 
 

「あら、それはいいね。おじいちゃんすごく喜ぶわ~」と嬉しそうに渡してくれたおばあちゃんと本葬を終えた夜、数時間いろんなお話しをしてきました。

 

今年は、このカメラを使って、本格的にカメラマンとしても活動を開始していくつもりだとおばあちゃんに宣言してきました。ので、やります。

 
 
 

私の人生になくてはならなかったひとを亡くした年。

 
 

それでも、思い出として話すことができるぐらい気持ちのいい生き方を見届けたから、だいじょうぶなんです。

 
 

先週四十九日を迎え、納骨が終えられました。

 
 

この2年間、いままでみたいに傍にいられなくて本当にごめんなさい。

 

こっちに送り出してくれて、本当にありがとう。

 

毎年おばあちゃんと3人で一緒にいっていたお花見に去年一緒にいけなくて本当にごめんなさい。

 
 

体が軽くなって今だからこそ、好きなとこ好きな時に見に行って、大好きなカラオケにもいっぱい行って、うち帰ってきて一緒に美味しいもの食べて、ふにゃふにゃに笑って好きなところで気が向いたときに見守っていてね。

 
 

本当に本当にありがとう。いつまでもずっと大好きです

 
 
 

おじいちゃんのこと、文章で書こうか悩んでいたけど、ひとつの自身の気持ちの整理としても書き留めさせてもらいました。新年のご挨拶から一転、ごめんなさいm(__)m💦

 
 

 
 

そして、自身の活動環境の変化に関しまして先にTwitter上にてご報告をさせていただきましたが、改めてご報告させてください。

 
 

役者・福岡みなみは昨年12月31日をもちまして所属プロダクション「productionGUILD」を離れることとなりました。

 
 

自身で考え、代表の大平さんとお話しをさせて頂いた上で決めた事です。

 
 

私は・・・やりたいことが多すぎるんです!!(笑)

 
 

実は数年こそこそ違う角度から進め続けていることもあります(*’▽’)

 

先に述べました自身の可能性を自身で広げる活動の為に、目下フリーで活動していくことを決意致しました。

 
 

形は脱退ということになりますが、私の殺陣の師は大平さんです。今後とも殺陣のご指導ご鞭撻を賜る他、共に百鬼夜行としての活動も続けて参ります。

 
 

なので、あんま変化することはないっちゃーないです!!

 

これもひとつの区切りとして、自身の一歩にしてみせます。

 
 

右も左もわからなかった私を0から育て、愛し、6年間支え続けてくださった大平さんに心から感謝し、尊敬致しております。本当に本当にありがとうございました。

 
 

 
 

肩書をひとつ失う私ですが、私みたいな変人を愛して応援してくださってるお客様モノ好きが多いと思ってるから♡♡♡←

 
 

懲りずにこれからも会いに来てください(/・ω・)/(笑)

 
 
 


以上、長くなってしまいましたが新年のご挨拶と、ご報告でした。

 
 

改めて、今年も、よろしく!!!!!!!!!!!!